2016年の自由化直後は「スポット・時間前市場」のみだった




最近、よく「需給調整市場ってどうなんでしょうか?」という質問を頂きますので、今回から需給調整市場も含めたマーケット構造と将来に向けての展望をご説明していきたいと思います。もちろん、構造の解釈や、将来の展望は私個人の意見も大いに入っております。

まず、電力全面自由化直後の状況から、今までの変化、そしてレギュレーター側(METI、OCCTO)が考える将来展望を見ていきます。

2016年4月に電力の小売全面自由化がなされた時には、マーケットは一つでした。JEPXもスポット市場と時間前市場のいわゆる「卸電力市場」が存在するのみでした(細かい実質稼働していなかった市場は除く)。このスポット・時間前市場は特に新電力が供給電源を調達するための重要な、かつ唯一の市場です。


スポット市場は高圧分野の自由化時代の2005年から存在していましたが、2016年の低圧分野での自由化に伴い、1時間後の電力を調達する「時間前市場」が新設されたのでした。このマーケットで取引されるのは「kWh」という整理になっていまして、文字通り小売電気事業者が「需要に対して供給するための電力量(kWh)」を取引しています。

このスポットと時間前市場については、自由化前後では大きな役割を果たしました。2016年4月以前も自由化に対する期待から取引量が増えてきていましたが、全面自由化後には数倍のボリュームに膨れ上がっています。



JEPXボリューム






これには、旧一電の発電部門と小売部門間の社内取引分を、市場取引に移行していく「グロスビディング」の影響もありますが、それでも確たる供給力を持たない新電力各社に取っては、卸電力市場のの取扱量が増えたことは大きなプラスとなりました。



一気にJEPXボリュームを増やしたグロスビディングとは





ここで少しだけ脱線して「グロスビディング」についてお話しておきます。
先程も多少説明しましたが、これまで社内取引だったものを卸電力市場を通して取引をおこなうように2017年から取組を開始しています。


「取組を開始している」という微妙な表現をしたように、これは実は法律や規制などではなく、第13回制度設計専門会合(平成28年11月30日)において表明を行ったすべての旧一電が行う自主的取組です。そのため何ら強制力はありません。

そもそもグロスビディングというのは、卸電力市場の流通量を増やし(市場流動性の向上)、流通量が増えることにより全体的にスパイクするような卸価格を抑え(価格変動の抑制)、そして社内取引を市場取引にするわけですから透明性の向上、という3つの目的を持っています。これだけを聞くと非常に良さそうな取り組みなのですが、実態としては日本全体で見れば、旧一電以外の発電所がいくつもポンポンと建設されるわけではなく、寡占状態である旧一電がグロスビディングとしてタマ(発電電力量)を市場に出さない限り、卸電力市場の活性化は無いということから、レギュレーターやJEPX側が旧一電に「お願い」をしているのです。

もちろん、法的分離後を見据えた透明性の観点もありますが、「まずは卸電力市場のボリュームを増やす」ということをレギュレーターは狙いとして持っているということです。



自由化半年後からすでに市場整備は着々と進んでいた



では、スポット・時間前市場以後の話です。

混乱期の2016年上期を終えようとしているタイミングで、ある委員会がMETI傘下で始まりました。その名は「第1回 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力システム改革貫徹のための政策小委員会」、通称”貫徹委員会”です。この委員会の大きな目的は「市場整備」でもありました。


貫徹の方向性


出典:第1回 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力システム改革貫徹のための政策小委員会 資料6 電力システム改革貫徹に向けた取組の方向性




私自身、この時には小売電気事業者の大混乱を鎮めるべく現場に入り込んでのコンサルティングをしていましたので、この貫徹委員会の動向をそこまで細かくチェックすることはできませんでしたが、今になって改めて見てみると自由化後半年で見事なビジョンが描かれています。(ただし、METIは本当は自由化前にこの方向性を決めたかったのではないか、とも思っていますが)

すでにこの時、レギュレーター側は「スポット・時間前市場」だけでは本当の意味での自由化はなされないと分かっており、それを促進するためには「早期の市場整備が必要」であるということを、改めて世に出したと私は考えています。

この市場整備の一つが先に説明したグロスビディングでありますが、これはホンの一部分。競争活性化のために「ベースロード電源市場の創設」、安定供給や分散型電源・RE100を見据えた「容量メカニズムの導入」、「非化石価値取引市場の創設」が軸として列挙されています。

次回は、競争活性化のための市場整備の軸となるベースロード市場、そしてベースロード市場創設のために必要な容量市場を詳しく解説していきたいと思います。










にほんブログ村 企業ブログ 電気・ガス・水道・熱供給へ
にほんブログ村