Japan Energy Market Today

自由化された電力・ガスビジネスの最前線でコンサルティングをおこなう経験から、現場のリアルな情報を週刊でお届けします。最新のビジネス動向から具体的なオペレーションの実務まで。

タグ:卒FIT

目次4月末に一斉に発表された旧一電の卒FITメニュー買取された余剰電力はどうなるか?供給側の電力はどう変化するか?蓄電池からの自家消費にも課金する? 4月末に一斉に発表された旧一電の卒FITメニュー かねてより、4月末を期限目安としていた旧一電の卒FIT向けメニューの ...

ここまで卒FITの戦略面、オペレーション面を見てきましたが、今回は「販売促進面」をフォーカスしたいと思います。目次卒FITのビジネスボリュームはそれほど大きくないしかし蓄電池メーカーからすれば小さくないビジネスただし販売のボトルネックは別のところ・・・誰が卒FIT ...

目次「支払い処理」を大規模に構築する難しさ「現金」を支払わないことも一つの解決策発電計画の提出はやっかい過ぎるサービス開始当初は「あきらめる」ことも選択肢 前回は卒FIT顧客を獲得するまでの課題でした。旧一電と新電力の間には、情報量の差があり、それらを埋めよ ...

目次どこに卒FIT対象者が現れるかが分からない卒FITはFIT契約満了日の確認が最初のハードルとなる何重にも策を講じる負担がのしかかる新電力 前回は、卒FITビジネスを始めるための事業インフラの準備ということで、SWのプロセスや、SWの可能日、また買取のための発電BGの組成 ...

目次卒FITのオペレーションは「実務者会議」にて議論中スイッチングは、小売と同様のプロセス卒FIT電源のSW日は「契約満了の翌日=検針日」卒FIT向けのSW支援システムの利用はそ今のクライアント証明書でOK買取のためには発電バランシンググループの組成が必要 卒FITのオペ ...

目次卒FITと組み合わせる蓄電池はVPPリソースになる日本のVPPは珍しい2階層2階層だからこそ、「リソースを集める」だけが成り立つ卒FITは「濃い顧客基盤」を持つ企業にも大きなチャンス 卒FITと組み合わせる蓄電池はVPPリソースになるこれまで「なぜ卒FITがそんなに盛り上 ...

目次迫りくる2019年問題「卒FIT」卒FITメニューは続々と発表されている卒FITビジネスは周辺ビジネスが狙い 迫りくる2019年問題「卒FIT」 最近、エネルギー関係のニュースでよく聞くようになってきた「卒FIT」という言葉ですが、エネルギー事業者に取って次の大きなビジネス ...

↑このページのトップヘ